[ドラマ] 『相続者たち』、帝国高の生徒たちの爆笑ビハインドカット大公開

放映終了を控えている『相続者たち』の大勢の俳優たちの撮影現場ビハインドカットが公開された。
11日、SBS水木ドラマ『相続者たち~王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ』の制作側は、イ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビン、チョン・スジョン、カン・ミンヒョク、キム・ジウォン、パク・ヒョンシク、カン・ハヌルら俳優陣の撮影現場ビハインドカットを公開した。彼らは同じ年頃の俳優ばかりの撮影現場で、認証ショットを残すためにそれぞれペアを組んで写真撮影をするかと思えば、撮影中にNGが出てもにっこり笑った後に心機一転して再撮影に臨むなど楽しい雰囲気となっている。

特に見ているだけでこちらも笑いそうになるのがイ・ミンホとキム・ウビン!現場でのおしゃべりで絶えず笑いを呼び起こして雰囲気を盛り上げている。イ・ミンホはウィットのきいた冗談をポンと投げて現場を笑いに導き、キム・ウビンはそんなイ・ミンホに向かってずっと笑いころげて現場をホットにしていた。パク・シネもやはり一緒に撮影する同じ年頃の俳優らと目が合うたびに笑顔いっぱいの茶目っ気あふれる姿を見せて「相続者チーム」でも自他共に認める雰囲気メーカーとして活躍した。

劇中、愛らしい嫉妬女のイ・ボナ役を演じたチョン・スジョンは、カメラに映ると独特のまなざしで嫉妬症女の姿に急変して現場を笑いの渦に巻き込み、相手役のカン・ミンヒョクはそんなチョン・スジョンの姿にお腹を抱えて笑っていた。またキム・ジウォンはキャラクターの感情ラインをつかむために無表情に徹したまま演技に集中しているが、同年代の俳優たちが冗談を言うとすぐに笑ってしまう可愛い姿で現場を和やかにしている。

そうかと思えば「相続チーム」最高のコミック本能の持ち主パク・ヒョンシクは、現場に到着するやいなやチョ・ミンス役の姿に変身し、現場のあちこちに行ってハッピーウイルスを伝えるビタミンのようなエネルギーを発散している。カン・ハヌルは台本を手にカメラに向かってVサインを決めるなど活気あふれる様子を披露した。テレビ画面の中では見られない『相続者たち』出演俳優の実感できる「撮影中の後ろ姿」が、「若い血」がみなぎる大勢の俳優陣の人間的な魅力をそのまま見せてくれているという反応だ。

制作会社は「イ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビンら『相続者たち』の俳優と制作スタッフが全ての情熱を傾けたおかげで完成度の高いドラマができた」として「全スタッフらと共にこの4カ月間の撮影を無事に終わらせることができてとてもありがたく、最後まで応援をしてくださった視聴者の方々にも感謝の気持ちでいっぱいだ。最後に放送される第20話まで、変わらぬ愛で見守ってほしい」と明らかにした。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 11日 13:48