[芸能] A PinkとEXOのゲームトークについてSMが弁解

今月11日、某オンラインコミュニティーには、EXOとA Pinkがオンラインゲームをしながら対話をしたという内容の音声ファイルが公開された。この音声ファイルをめぐり、ネットユーザーの間で熱い関心を集めている。

これに関し、EXOの所属事務所SMエンターテイメント側はこの日、newsNとの電話で「EXOメンバーと知人たちがゲームをしながら私的に交わした会話のようだ」と説明した。

公開された音声も、ゲームをしながら交わすような普通の対話が録音されていた。これが一部のファンの間で話題となり、ゲームをしていた相手がA Pinkだという説が出た。

また、同じくA Pink側もこの騒動を否定した。A Pinkの所属事務所A-Cubeは11日、newsNとの電話で「インターネットで騒がれている音声ファイルの中の女性の声はA Pinkではない」と否定した。

また、「A Pinkのメンバー達はスケジュールの移動や休み時間に簡単なモバイルゲームを楽しんでいるのがすべてだ。インターネット上で言われていたオンラインゲームはやっていない。メンバーにも確認し、このゲームをやっていないことはもちろん、公開されたEXOとの会話もなかったと言っていた」と明かした。

今回の騒動は、突然起こったハプニングであると思われる。私的なゲームの内容までが公開され、波紋を呼んでしまうアイドルEXOの人気を実感する騒動であった。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 11日 17:06