[映画] キム・アジュン「チュウォンにときめいたことがある…スキンシップと愛嬌が…」

キム・アジュンは10日に放送されたSBSパワーFM『コン・ヒョンジンのシネタウン』に出演し、公開を控えている映画『キャッチミー』の撮影秘話を明かした。

キム・アジュンは、「今最もホットなチュウォンと共演すると知った時は、どんな気分だったか」という質問に対し、「チュウォンという俳優については知っていたけど、共演するのは初めてだったから彼が今まで出演してきた作品を見てみた。本当に素晴らしいエナジーを持った俳優だ」と絶賛した。

また、「共演をしてみて、実際にときめいたことはあるか」という質問に対しては、「頼れる人なので、年下という感じがしなかった。スキンシップと愛嬌が多いので、実際にときめいたこともある」と正直に明かした。

キム・アジュンとチュウォンは先月開かれた映画『キャッチミー』の制作報告会でもお互いに好感を持っていると話し、話題を集めていた。

当時、キム・アジュンは「映画の撮影をしながら、時々チュウォンを異性として感じたことがある」と話し、チュウォンは「僕は本当にキム・アジュンを好きになったことがある。演技をしながら相手の女優を本当に好きじゃなければ、本当の演技ができない。僕は本当は嫌いなのに好きな演技をするくらいの力量はない」と話した。

一方、映画『キャッチミー』は、“天才プロファイラー”イ・ホテ(チュウォン)が10年前の初恋であり、“伝説の窃盗”ユン・ジンスクと繰り広げる犯罪ロマンス映画だ。12日公開予定。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 11日 11:17