[芸能] 2013年に大ブレイクした7人、一気にスターになった芸能人達

事件や事故が多かった2013年の韓国芸能界。トップスターの熱愛、結婚などの嬉しいニュースもあれば、性的被害、賭博、プロポフォール、自殺などの事件で波紋が広がった。

そんな中、2013年に最高の1年を送ったスター7人がいる。名付けて、「今年のロットスター7人」。チェ・ジニョク、イ・ジョンソク、キム・ウビン、ジョンウ、サム・ハミントン、ユンフ、パク・ヒョンシクの7人は、ドラマ、映画、バラエティなどで大活躍し、絶大な存在感を見せつけた。良い作品とキャラクターに巡り合い、宝くじの当選率と同じくらいの確率で大ブレイクした7人の2013年を探ってみる。


チェ・ジニョクは2006年にKBSサバイバルスターオーディションで大賞を受賞してデビューしたが、これ以降の活動は平坦なものではなかった。好感の持てるイケメンビジュアルを生かすことのできる作品に巡り合うことができなかった。そんなチェ・ジニョクが今年4月に演技人生を変えることになるMBCドラマ『九家の書』に出演した。劇中、智異山(チリサン)を守る守護霊ク・ウォルリョン役を熱演した。イ・ヨニとの恋模様が描かれ、女性の心を鷲掴みにし、少ない出演量にもかかわらず、大きな関心を集めた。そして、『九家の書』に続き、SBSドラマ『相続者たち』、映画『神の一手』、tvN金土ドラマ『応急男女』などの作品に続けて出演している。

今年イ・ジョンソクより忙しいスターはいたのだろうか?映画、ドラマ、CM、グラビアなどのスケジュールが殺到した。「注目の新人」、「期待株」と呼ばれたイ・ジョンソクは、KBS 2TVドラマ『ゆれながら咲く花(原題 : 学校2013)』に続き、SBSドラマ『キミの声が聞こえる』で大ブレイクし、相手の心を読む超能力を持った少年パク・スハを熱演した。イ・ボヨンとのロマンスが注目され、年上女性達の絶対的な支持を得た。これ以外にも、映画『顔相』、『No Breathing』に出演し、主演作『胸を躍らせる青春』は来年1月公開予定だ。

上半期に活躍したイ・ジョンソクに続き、キム・ウビンは下半期に活躍した。親友イ・ジョンソクと共に『ゆれながら咲く花(原題 : 学校2013)』に出演し、ブレイクしたキム・ウビンは、『紳士の品格』に続き、SBS『相続者たち』でもう一度キム・ウンスク作家にキャスティングされた。財閥ホテルの相続者であり、暴れん坊高校生チェ・ヨンドを演じ、演技力とスター性を認められた。また、同時期には映画主演作『友へチング2』(クァク・ギョンテク監督)が約300万人の観客を動員し、今最もホットなスターとなったキム・ウビンは、作品のラブコールだけでも20作品、広告業界からも10以上の依頼が殺到しているという。ファッショングラビア、雑誌関連の依頼も殺到し、人気を実感しているという。

ジョンウはtvN金土ドラマ『応答せよ1994』に出演し、デビュー以降10年も続いた無名時代から脱出することに成功した。2009年の映画『風』に出演し、関係者たちの目にとまったジョンウは、『最高だ、イ・スンシン』に出演し、『応答せよ1994』までに至った。抜けて見えるが実は天才医大生、愛想はないがソン・ナジョン(Ara/コ・アラ)の前では愛嬌たっぷりなスレギ役を見事に演じた。キム・ウビンと同じく、さまざまなラブコールが殺到しており、単独広告も撮影した。

「ユ・ジェソクとカン・ホドンのいないバラエティも成功できる」ということを証明したMBC『日夜』の出演者たちも大ブレイクした。『ギャグコンサート』出身の外国人として認識されていたサム・へミントンは、『ラジオスター』で抜群のトークを見せ、関心を集めた。また、『チンチャサナイ~男の中の男~』がきっかけでバラエティ界のスターとなり、『魔女狩り』、『スターダイビングショースプラッシュ』、『オリョプショー』などの出演を通し、「外国人スター」として大活躍している。

また、『チンチャサナイ~男の中の男~』に出演したZE:Aパク・ヒョンシクも同様、歌手とバラエティ活動に続き、ドラマ『ナイン~9回の時間旅行~』、『相続者たち』に出演し、愛されている。

最年少のロトスターは、ユンフだ。『お父さんどこ行くの』の影響で韓国で最も有名な8歳の子供となった。他の子供たちを配慮する優しい性格や、ハ・ジョンウ並みの食いっぷり、大人達も驚きの巧みなトークでさまざまなあだ名が付けられている。『お父さんどこ行くの』の5人の子供は、暗黒時代を迎えていたMBCの日曜日バラエティを救った。ネットユーザーの間では、「今年の芸能大賞の主人公はユンフだ」、「ユンフに芸能大賞を」という言葉が出ているほどである。そんな人気を証明するかのように、ユンフの広告契約には数億ウォンの出演料が発生するという。

誰よりも幸せな1年を送った今年のロトスター7人、2014年の活躍にも期待が集まる。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 10日 15:18