[K-POP] JYJキム・ジェジュン、「ロックスピリット」爆発…中国で観客1万人が熱狂

JYJのキム・ジェジュンが中国で初めてソロコンサートを開いた。

シージェスエンターテインメントは「キム・ジェジュンが先週末、中国・南京で初めてソロコンサートを行った。キム・ジェジュンの初ソロアルバムのアジアツアーのこの公演で、キム・ジェジュンは2日間に1万人のファンに幻想的なロック公演をプレゼントし、大陸を熱狂させた。キム・ジェジュンはライブバンドとともに、ソロ1stアルバムの曲とミニアルバムの舞台で、爆発的な歌唱力と舞台マナーを見せた」と伝えた。

キム・ジェジュンの公演が行われた先週末の2日間、ファンの情熱が目を引いた。公演会場の入り口からファンの応援横断幕が続き、会場を埋めたファンは公演開始10分前から「チンチャイチョン(キム・ジェジュン)」を連呼した。

キム・ジェジュンの最初の中国ソロコンサートを見るために、他の地域から南京に来たファンも多かった。中国東北部から来たチャンミョンさん(22歳)は飛行機のチケットが取れず、列車で22時間かけて来た。南京から1000キロ離れた北京から来たファンも少なくなかった。

関係者は「キム・ジェジュンのアジアツアーで中国公演がいつ追加されるか分からず、中国全域のファンが今回の南京公演に集まった。チケットを確保できなかったファンに配慮して公演を1回追加し、現地で話題になっている」と伝えた。

キム・ジェジュンの公演は完ぺきだった。爆発的な歌唱力は高音音域帯を自由に行き来し、多様なロックジャンルを見せ、バラード曲では心に響く声でファンをひきつけた。また、今回のアルバムでは愛に対するさまざまな解釈を自ら歌詞に込めただけに、舞台がドラマのように続いた。公演のハイライトだったタイトル曲「Just another girl」が流れると、すぐに公演会場はピークに達した。ファンはキム・ジェジュンがアンコール曲で舞台に現れるまで、大きな声で「キム・ジェジュン」を叫んだ。
キム・ジェジュンはミニアルバムのタイトル曲「MINE」の公演を終えた後、「ファンのための曲『パラダイス』を最後にお別れしなければいけない。中国全域から来てくださったファンのみなさんに本当に感謝している。特別な時間になってうれしい。シアツチェン(次にまた会おう)」と話した。

キム・ジェジュンの初ソロアルバムに対する中国の反応は熱い。公営放送CCTV音楽チャネルCCTV15の番組で韓国歌謡部門3週連続1位、中国最大MVサイトで5週連続1位のタイトル曲「Just another girl」のミュージックビデオは再生1900万回を超え、その人気を立証している。

中国のオンラインミュージックチャネルの関係者は「キム・ジェジュンのソロアルバムに対する人気は非常に高い。洗練されたビジュアルロックジャンルのアルバムであるうえ、キム・ジェジュンの彫刻のような容貌、洗練されたマナーの人間的な魅力もあり、10代から30代までファン層を確保している」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 09日 17:34