[K-POP] CNBLUE、韓国バンド初の中南米ツアーでグローバル人気を証明

CNBLUEが韓国のバンドとしては史上初の中南米ツアーを行う。

中南米のファンから熱い注目を浴びているCNBLUEは、1月26日メキシコ、28日ペルー、31日にはチリで公演を行う予定だ。公演はそれぞれメキシコシティーのPepsi Center WTC、リマのParque del la Exposicion、サンティアゴのMovistar Arenaで開かれ、各5000人規模の会場だ。

CNBLUEは2012年11月の音楽番組KBS 2TV『ミュージックバンクinチリ』の際にチリを訪れたことはあるが、単独コンサートを中南米で行うのは今回が初めてだ。チリ訪問当時、多くのファンが空港やホテル、移動する場所などに殺到し、現地でのCNBLUEの人気を証明した。

CNBLUEは、「夢に見ていた中南米ツアーをできることになって本当に嬉しいし、一生懸命準備してかっこいい姿をお見せしたい。メキシコ、ペルー訪問は初めてで、チリは2回目だけど、とても期待している」と語った。彼らははすでに2013年にワールドツアーを行っており、台湾、シンガポール、香港、タイ、フィリピン、中国などのアジアはもちろん、シドニーやメルボルンなどのオーストラリア公演でも大きな反響を得て、注目を浴びていた。

一方、CNBLUEは現在日本全国を回るアリーナツアー『One More Time』を行っており、28、29日にはFNCエンターテイメントの初のファミリーコンサート『2013 FNC Kingdom in Japan-Fanstastic&Crazy』に参加する予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 09日 15:08