[K-POP] BIGBANGが福岡ドームツアーで10万人を動員

BIGBANGが12月7日、8日に行った福岡ヤフードーム公演で約10万人の観客を動員し、現地での熱い人気を証明した。

12月9日、YGエンターテイメントによると、海外歌手としては史上初の日本6大ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014』を行っているBIGBANGは、今回の公演で派手なパフォーマンスとライブステージで日本のファンたちを魅了したという。

BIGBANGは大規模なドーム公演会場でステージと遠く離れた観客一人一人を考慮し、ステージ全体が動くフライングステージやトロッコを利用するなどして、ファンを感動させた。

また、5人のメンバーはそれぞれの魅力の詰まったソロステージを披露し、自身ならではの音楽的カラーと個性を見せつけた。ダブルアンコールまで行われた今回の公演では、BIGBANGは2009年に発表した日本デビューシングル「MY HEAVEN」、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞したヒット曲「ガラガラGO」などをはじめとし、「FANTASTIC BABY」、「BAD BOY」など、計30曲を披露し、3時間近い公演を行った。

特に、BIGBANGのメンバー全員が日本語を駆使できるため、日本ファン達との交流もより自然になり、特にT.O.PとSOLは流暢な日本語でユーモアな一面を見せ、盛り上がりを見せた。

11月16日、17日の埼玉西武ドームでドームツアーのスタートを切ったBIGBANGは、11月29日から12月1日までの大阪ドームに続き、今回の福岡ヤフードームまで計3つのドームツアーを終えている状況だ。

今回のドームツアーは、大阪での追加公演を含め、6つの都市で行われる16回の公演で計77万人を動員する大規模なツアーであり、韓国国内だけでなく日本メディアからも注目されている。

日本現地の関係者は、「BIGBANGのドームツアーに対する日本ファン達の反応が熱くなっている。昨年には福岡で1日のみ開催したが、今年は2日に渡って開催した。2日間の間見切れ席を用意しても足りないくらい、チケット争奪戦が激しかった」と明かした。

一方、今回のBIGBANGのドームツアーには、YGエンターテイメントの新人ボーイズグループWINNERがオープニング公演を務め、注目を浴びた。彼らは「GO UP」、「OFFICIALLY MISSING YOU」を熱唱し、新人グループとは思えない実力を見せ、日本ファンを魅了した。

BIGBANGは12月14日、15日に名古屋ドーム、19日から21日まで東京ドーム、来年1月4日に札幌ドームで公演を行い、11日から13日までの大阪京セラドーム公演でツアーの幕を閉じる。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 09日 10:58