[K-POP] 防弾少年団、日本でのデビュー前ショーケースに5万人の応募殺到

防弾少年団は7日の14時公演と18時半公演の2回に渡って渋谷O-WESTでショーケースを開催した。

今回の公演には、収容人数の46倍を越える4万6000人の応募が殺到し、大きな注目を浴びていた。ショーケース当日、MD売り場にはチケットを購入できなかったファンが多く集まり、周辺の交通に影響を与える可能性もあるという判断により、販売時間を短縮した。防弾少年団は日本現地のファンの声援に応えるため、来年1月6~7日にZepp東京と大阪難波での追加公演を決定した。

防弾少年団はこの日、「No More Dream」、「N.O」、「進撃の防弾」などの計6曲を披露した。ステージを終えた後、「ファンのみなさんにはいつも感謝しています。もっと一生懸命な防弾少年団になります」と感想を述べた。

日本のエージェンシーを担当するACC側は、「日本で正式にデビューもしていないのに、ショーケースに多くのファンが訪れ、とても驚いた。防弾少年団の音楽とビジュアルはもちろん、直接曲を作るという点で日本ファンから注目を浴びているようだ。韓流を引っ張っていく次世代アーティストになると思う」と話した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 09日 10:51