[K-POP] 少女時代ユナ「クラブ出入り説、PSYと不倫説くやしい」(2)

- これまで演じたキャラクター(『君は僕の運命』(08)、『シンデレラマン』(09)、ラブレイン』(12)は妙に似ている。

「漫画の主人公『キャンディ』のような印象が強かった。家族に由来する痛みを抱えたキャラクターという点も共通点があった。『総理と私』のタジョンは本当にとても壊れていて、とんでもない面が多い。撮影して『こんなふうに演じてもかまわないのだろうか』と思ったこともある。別の見方をすれば最も『イム・ユナらしい』姿が多いキャラクターだ。そのためか演じやすい」

- 相手役イ・ボムスとは20歳も離れている。

「イ・ボムス先輩との年齢差もあり、あまりにもイメージが強い先輩なのでちょっと心配した。思っていたより本当に細やかな人だ。演技についてたくさん教えてもらっている。『ああ、年の功とセンスのおかげでこういう演技が出てくるんだな』という気がした。撮影現場の雰囲気が良くて、いつも笑いが出てくる。『パンユナ』というニックネームまでできた。笑う時に『パンッ』とさく烈するからとスタッフが『パンユナ』というニックネームを付けた」

- 『ラブレイン』でカップルだったチャン・グンソクがKBS水木ドラマ『きれいな男』に出演中だ。

「そうでなくてもチャン・グンソクさんと『よく観よう』と互いに応援の言葉をかけた。ドッコ・マテのキャラクターにはチャン・グンソクさんがぴったりだと思う」

- SMエンターテインメント家族の女優イ・ヨニ、Araと三つ巴の戦いを繰り広げることになった。

「それぞれ違った魅力を持った。AraさんはtvN『応答せよ1994』でしっかりイメージチェンジした。ヨンヒさんも今月に初放送されるMBC(文化放送)の『ミスコリア』で多くの魅力を発散すると期待している。3人がそれぞれの魅力を見せると思う」

- 歌手と女優、2つの職業をこなすのは難しいのではないか。

「かえって違うことを行き来してエネルギーを受ける。もちろん体力的に苦労するのは仕方がない。集中度が分散する点も大変だ。だが『うまくやり遂げなくちゃ』という気がして2倍『頑張ろう』と決心している」


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 05日 18:02