[K-POP] 超新星、日本デビュー後初のオリコン1位を獲得


超新星の日本新アルバム『SIX』が発売当日に3万8128枚を売り上げ、オリコンデイリーチャート1位を記録した。超新星の後には日本の代表的人気グループジャニーズのKAT-TUNが2位に挙がった。超新星としてオリコンチャート1位を記録したのは今回が初めてだ。

超新星は韓国国内より日本で先に注目を浴びたグループだ。ポスト東方神起と呼ばれ、韓国よりも日本中心で活動を行い、少しずつ認知度と人気を上げていった。特に今回のアルバムは超新星のリーダーのユナクが除隊してグループに久しぶりに合流したアルバムであり、関心が集まっている。

一方、超新星のメンバーソンジェは2月3日午後、自身のTwitterに「今日発売したシングルがデビュー以降初のオリコン1位になりました。感謝感謝」という文を掲載し、喜びを表した。

リーダーユナクは最近まで日本のアミューズミュージカルシアターでミュージカル『キム・ジョンウク探し』の主演として活躍しており、日本映画の主演にもキャスティングされたことが明らかになった。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 04日 11:07