[K-POP] G-DRAGONの「Nilliria」、アメリカメディアの今年の歌50に選ばれる

G-DRAGONの「Nilliria」がアメリカ音楽専門雑誌コンプレックスの「2013年の歌50」に選ばれた。

コンプレックス側は12月2日(現地時間)、オンラインサイトを通してG-DRAGONを「韓国POPのスーパースター」と称し、「今年の夏、LAアリーナで非公式的に引退したMissy ElliotとG-DRAGONが数千人のファンの歓声を受けながら披露したコラボレーションがとても良かった」と評価した、

また、「MissyはカムバックアルバムのためにYGとサインすることを検討するべきだ」というコメントでYGエンターテイメントのプロデューシングに対しても絶賛した。

G-DRAGONがYGメインプロデューサーであるテディと共同作曲した「Nilliria」は、韓国の民謡「ニルリリヤ」とエレクトロニックサウンドが合体したヒップホップ曲だ。世界的な女性ヒップホップミュージシャンMissy Elliotがフィーチャリングに参加し、話題を集めた。

今回の「2013年の歌50」には、EMINEM、Kanye West、ASAP Rocky、Jay Z、Robin Thickeなどの世界的なミュージシャン達が選ばれた。韓国歌手としては唯一G-DRAGONが含まれている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 03日 14:49