[K-POP] YG新人アイドルWINNER、日本単独イベントに8000人殺到


今月2日、大阪セルーシ広場で開催されたWINNERの日本での初の公式イベント『Hello! WINNER』には約8000人のファンが殺到し、次世代韓流スターの人気を見せつけた。

イベント当日、WINNERの顔を一目見ようと朝早くからファンが集まり、イベント開始前には平日であるにもかかわらず8000人収容のセルーシ広場がいっぱいに埋まり、熱い熱気で包まれた。

WINNERはこの日のイベントで悠長な日本語でのチーム紹介や、大阪に対する印象などを話し、大阪の方言を即席で学ぶなどして、日本ファン達との初対面の時間を楽しんだ。また、会場で行われたくじ引きで選ばれた300人のファンとステージの上で挨拶を交わし、メンバー別に特技であるアカペラや歌、ダンスなどのパフォーマンスを披露した。

日本の関係者は、「WINNERはBIGBANGのドームツアーのオープニングステージでも歌の歌詞を日本語に変えて歌うなどして、流暢な日本語を披露した。イベント中、MCの質問にも自然に答え、日々成長している日本語の実力を見せた。WINNERのメンバーと挨拶を交わしたファン達は感動して涙を流し、WINNERのメンバー達も歓迎してくれたファンを見て喜んでいた。初のイベントは大阪で開催されたが、東京などの日本各地でイベント開催を望むファン達の要望が絶えない」と話し、日本現地でのWINNERの熱い人気を明かした。WINNERはBIGBANGが海外アーティストとして初めて開催する日本6大ドームツアーのオープニングステージを務めている。

先月29日から3日間開催されたBIGBANGの大阪京セラドーム公演では、自作曲「Go Up」とTaimaの「Officially missing you」の2曲を熱唱し、15万人以上の観客を魅了した。また、BIGBANGは12月7日、8日には福岡ヤフオクドーム、12月14日、15日にはナゴヤドーム、12月19日から21日までは東京ドーム、来年1月4日には札幌ドームで公演を行い、1月11日から13日までの京セラドーム公演でツアーを締めくくる。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 03日 11:13