[K-POP] BIGBANG、大阪を黄金の光で染めた6大ドームツアーの威力 (1)

グループBIGBANGが日本の大阪の夜を黄金の光で染めた。

BIGBANGは先月29日から今月1日まで開かれた「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014」の大阪京セラドーム公演で、ファンたちのために熱狂的なステージを演出した。

今回の公演は特別な意味がある。海外歌手として最初に日本で行う6大ドームツアーだ。日本の歌手を含めてもMr.Childrenに続き2番目。大阪は日本のさまざまな地域の中でもBIGBANG人気が特に熱いところとして挙げられる。11月29、30日と今月1日に続き来年1月11日から13日も大阪公演を開催し、計6回で30万人の観客を動員する予定だ。現地の関係者はツアーのうちで同じドーム会場で6回も公演をするのは日本の歌手でも容易ではないと口をそろえた。

『Haru Haru』日本語バージョンでコンサートの火ぶたを切ったBIGBANGは、2009年に発表した日本デビューシングル『MY HEAVEN』、日本レコード大賞最優秀新人賞の栄光を手にしたヒット曲『ガラガラ GO』などをはじめとして『Fantastick Baby』『Bad Boy』などでステージをホットに盛り上げた。

メンバーは個別のソロステージで自分だけの音楽的カラーや魅力も発散した。初めてのワールドツアーで57万人のファンを動員して興行力を立証したG-DRAGONは『Crooked』『Crayon』などを歌い、SOLは『RINGA LINGA』で優れた歌唱力とパワフルなパフォーマンスを、T.O.Pはソロ曲『DOOMDADA』でラッパーとしての天性の才能を見せた。D-LITEもオリコンウィークリーアルバムチャート2位に上がったソロアルバム『D’scover』の収録曲『WINGS』を、V.Iはオリコンデイリーアルバムチャート1位になった『LET’S TALK ABOUT LOVE』の収録曲『僕を見つめて(GOTTA TALKTO U)』を歌った。この日はアンコールまで合計30余曲をこなし、3時間近くに及ぶ公演をあますところなく楽しませた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 12月 02日 13:12