[芸能] 少女時代スヨン、女性映画人賞の授賞式単独MCに抜擢

少女時代のスヨンは12月5日にソウル安國洞(アングク洞)シネコードソンジェで開かれる『2013今年の女性映画人賞授賞式』の単独司会に抜擢された。スヨンは歌手、女優、MCとしてさまざまな才能を認められており、今回の司会者に適役だと評価された。

スヨンは忙しいスケジュールの中、女性映画人賞の一員として今年の女性映画人賞の授賞式を司会を快く引き受け、女優としての情熱を見せた。また、女優の単独司会は年末の授賞式でも珍しく、スヨンの司会者としての才能に期待が集まっている。

一方、今回の功労賞受賞者としては、元祖女性映画人のコ・ウナが選ばれた。コ・ウナは1960年代と70年代に清楚で寡黙な韓国女性のイメージとして映画界で活躍し、人気を集めた女優だ。

『今年の女性映画人賞授賞式』は、最高賞である今年の女性映画人賞と功労賞、演技賞と共に5つの部門賞(制作/プロデューサー、広報マーケティング、演出/シナリオ、技術、短編/ドキュメンタリー)を選出し、授与することにより2013年に活躍を見せた女性映画人を表彰するイベントだ。残りの部門の受賞者は順序公開される予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 02日 14:35