[芸能] チョ・インソン、日本でセンス溢れるトークと笑顔で5千人を魅了

先月30日、ドラマ『その冬、風が吹くPREMIUM LIVE SHOW』のため日本を訪問したチョ・インソンが日本現地の5千人のファンたちと楽しい時間を過ごした。

今回のプロモーションは、6月に開かれたプロモーションに参加できなかったファン達からのリクエストにより、さらに大きい規模で行われた。特に今回のライブショーには、パク・ジンソン役として出演していたキム・ボムとドラマのOSTを歌った歌手GUMMYとThe Oneも出席した。

東京国際フォーラムAホールで行われたイベントに参加したチョ・インソンは、ステージにあがり多くのファン達と挨拶を交わし、最近の近況についての話から、「ドラマで心に残った感動的な名場面」コーナーではMCのさまざまな質問に真剣ながらもセンスのある回答でイベントを盛り上げた。

オープニングステージを飾ったGUMMYの2曲目が終わった後、チョ・インソンはキム・ボムとともに2階の客席からサプライズ登場し、握手などをしながらファン達の大きな歓声を浴びた。

また、客席に座っていた「愛なんていらねえよ、夏」の原作者である龍居由佳里に挨拶をし、ファンに紹介するなどの場面も見られ、ファンからのドラマに関する質問に答えながら客席と一体になった特別な時間を過ごした。

この後、ファン達とより近くで接するために準備された「ドラマ名場面を真似しようコーナー」では、チョ・インソンが雪原でヨンをおんぶするシーンと、バックハグのシーン、雪ソリ場でヨンと一緒に写真を撮るシーンをファンと共に再現し、ファンにとっては忘れられない思い出となった。

今回のプロモーションを行った関係者は、「今回のライブショーは今年6月に行われたプロモーションよりも多くの出演者が参加し、さらに盛り上がった。特にチョ・インソンは優しく親切な姿と、ファン達とより近くで接しようとする姿勢を見せ、センスのあるコメントで楽しい雰囲気を作ってくれた」と話した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 12月 02日 11:15