[ドラマ] 『相続者たち』、再び20%台…「水木ドラマにライバルなし」

『相続者たち』が再び視聴率20%台になった。

28日に放送されたSBS(ソウル放送)の水木ドラマ『相続者たち~王冠をかぶろうとする者、その重さを耐えろ』(以下『相続者たち』)は。21.1%(ニールセンコリア、全国基準)の視聴率を記録した。これは前日(19.8%)よりも1.3ポイント上昇した数値だ。

この日の放送ではイ・ミンホ(キム・タン役)とパク・シネ(ウンサン役)の悲しい別れのシーンが描かれた。イ・ミンホは、パク・シネが父親チョン・ドンファン(キム会長役)から飛行機のチケットを受けとったという事実を知って怒った。その後、兄チェ・ジンヒョク(キム・ウォン役)を臨時株主総会で助ける代わりにパク・シネが安心して暮らしていける家を勝ち取った。そして1人残って嗚咽するシーンで今後の展開への期待感を誘っていた。

同時間帯に放送されたMBC(文化放送)『メディカル・トップ・チーム』が5.1%、KBS(韓国放送公社)第2テレビ『きれいな男』は4.3%の視聴率を記録した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 29日 16:45