[映画] キム・アジュン―チュウォン『キャッチミー』、クリスマス攻略で公開日延期

キム・アジュンとチュウォンが主演した映画『キャッチミー』がクリスマスシーズンを本格攻略するために公開日を延期した。

『キャッチミー』の配給会社ロッテエンターテインメント側は28日、「『キャッチミー』が12月19日封切りで確定した」と伝えた。最初は来月12日を公開日としていたが、1週間延ばしたとのこと。12日にチョン・ドヨンとコ・スが主演した『家に帰る道』と同時公開して正面対決を繰り広げるよりも、一週間延期してクリスマスシーズンを攻略するという意図と見える。

公開日である19日にはソン・ガンホ主演作『弁護人』が公開されるが『キャッチミー』と性格が明確に区分されるジャンルであるため、大きな害はないものと見られる。12月に公開される唯一のロマンチックコメディだけに、クリスマスシーズンを狙うためにも19日封切りがより良いと判断したと見られる。

映画界のある関係者は「クリスマスイブである24日を公開日とすることもできたが、この日公開されるコン・ユ主演のアクション映画『容疑者』を避けるために一週間前に公開日を設定したようだ」としつつ、「『容疑者』と『キャッチミー』が同時に公開されれば主なターゲット層である若い観客を分け合わなければならない。年末に話題の韓国映画が多いため各関係者同士、様子見作戦が激しい」と話した。

『キャッチミー』は、プロファイラーと泥棒の追って追われるロマンスを描いた映画だ。
チュウォンが実力派プロファイラーのイ・ホテを、キム・アジュンが伝説の大泥棒ユン・ジンスクを演じた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 29日 13:17