[芸能] T-ARAヒョミン、複雑な心境?「頭や尻尾に何かをつけたほうがうまくいく」

T-ARA(ティアラ)のヒョミンは優等生だった。

ヒョミンは26日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビのバラエティ番組『1対100』に出演して「小さい頃は50~60の賞を受賞するほどだった」と話した。

さらに「小さい頃は意外に勉強ができた。だが、母親が嫌いな芸術・体育分野にだけ素質を見せていた」と話して笑いを誘った。

ヒョミンは「T-ARAは、素朴な感じだとうまくいく。少しでも洗練されたコンセプトで出てくるといつもうまくいかない。頭や尻尾に何かをつけて出てくるとうまくいった」として「放送を見てとても笑っているだろうが、私の気持ちや考えのままに選択するので信じて応援してほしい」とメンバーに挨拶を伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 27日 11:06