[K-POP] JYJ、「韓国内の出版社2社に損害賠償請求」の公式見解

JYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)が韓国内の出版社を相手に肖像権が侵害されたとして損害賠償訴訟を提起した。

所属事務所側は「JYJだけでなく所属芸能人のパブリシティー権保護のために努力しており、違法行為の根絶のための徹底した法務システムを稼動している」と話した。

さらに「私たちの写真を無断に使って雑誌を出版した2社を相手に損害賠償請求を提起した。現在、何回か法廷攻防が行われ12月中旬に弁論終結を控えている」として「本事案で被告の2社は、報道資料で配布された写真や記者会見場所で撮った写真などを利用したが、こうした写真を雑誌数十ページにかけて数十枚以上掲載し、雑誌の一面にあたるA4程度の大きさで使ったり、雑誌の別冊ブロマイドとして配布したりした。これは一般的な報道行為を超えた肖像権侵害行為だと見て訴訟に踏み切った」と説明した。

関係者は「ただしJYJメンバー3人は、正当な報道行為まで禁止したり制限しようとする趣旨ではなく正当な範囲内で報道のための写真引用は当然許されるという立場であることを再度明らかにしておきたい」と強調した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 27日 08:53