[K-POP] EXOが人気の理由とは?1年7ヵ月でトップに登りつめたアイドル

EXOは11月22日、香港アジアワールドエクスポアリーナで開かれた『2013 Mnet Asian Music Awards(2013 MAMA)』の大賞である「今年のアルバム賞」を受賞した。

EXOはデビュー1年7ヵ月にして歌謡界のトップに登りつめ、大人気アイドルになった。EXOは1年7ヵ月という短い時間でどのようにしてトップになったのか。

実は、EXOは最初から人気を集めていたわけではなかった。EXOはメンバーそれぞれが優れたビジュアルと魅力を持っており、デビュー当初から早くもファンを獲得していたが、大衆には十分なアピールをできず、歌番組のランキングでも上位にランクすることは出来なかった。

EXOはSMP(SM MUSIC Performance)であるMAMAでデビューし、「超能力者」というグループコンセプトで活動していた。しかし、これも今までSMの男性アイドル達の姿と大きな違いはなく、固定ファンではない大衆にアピールするには魅力が少し足りなかった。

EXOが大衆にも魅力を見せつけ始めたのは、「Wolf」でカムバックをしてからだ。EXOは「Wolf」でファンタジー的コンセプトを全面に出した。EXOは「Wolf」のドラマバージョンミュージックビデオで一つのストーリーを作った。オオカミ人間である11人の仲間が少女を守るという内容は、幼稚だという評価もあったが、完璧なファンタジー世界を創り出し、大衆の関心を集めることに成功した。

そして、「Wolf」からはEXOがそれぞれ韓国と中国で活動していたEXO-KとEXO-Mを合わせた完全体で活動を開始し、エナジー効果を生み出した。

EXOは派手なパフォーマンスで注目を浴び、「Wolf」では12人という大人数のメンバーを積極的に活用し、メンバーが「生命の木」を作り、その中からオオカミが飛び出してくるというストーリー性のある振付を披露し、今までのアイドル達のダンスとはまた違った魅力を見せた。

また、EXOは「Growl」でキレのある「Wolf」のダンスとは違った、洗練されたパフォーマンスで魅力を倍増させた。歌手ユン・ジョンシンは、2013MAMAでEXOが披露した「Growl」のステージを見て、「素晴らしいパフォーマンスだ」と絶賛した。

EXOのデビュー当初の姿は、今までのSM男性アイドル達が追求していたイメージと似ていたが、徐々にEXOならではのカラーとコンセプトを追求し始め、地道にファン層を固めていき、大衆まで幅広くEXOの魅力を伝えることに成功した。

EXOは「Wolf」、「Growl」などを連続ヒットさせ、今では歌謡界の中心となっている。EXOが次のアルバムでどのようなコンセプトでどのような魅力を見せるのか、注目が集まっている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 27日 11:20