[芸能] Aileeに続きハン・ヒョジュまで…過去の写真で脅迫なぜ? (1)

女性芸能人が私生活の写真で脅迫を受けた事件が相次ぎ、衝撃を与えている。

最近、歌手Ailee(エイリー)が思いもよらないヌード写真の流出で被害を受けた中、女優ハン・ヒョジュが元所属事務所のマネジャーから過去の私生活の写真で脅迫されていたことが明らかになった。

25日、ソウル中央地検刑事1部(クォン・ジョンフン部長検事)はハン・ヒョジュの父親を脅迫したU氏(36)を拘束起訴し、元マネジャーのI氏(29)、F氏(29)らをそれぞれ書類送検した。検察によると過去ハン・ヒョジュの現場マネジャーだったI氏は、デジタルカメラから発見したハン・ヒョジュの写真を利用してお金を取ろうと知人のU氏、F氏と共謀して犯行に及んだという。

過去にも女性スターがマネジャーや一時恋人だった男性からの脅迫で苦しみを味わった事件はあった。なぜこのように女性スターはしばしば脅迫のターゲットになるのか、そして事件への対処はどのように変わったのかを探ってみた。

▼ハン・ヒョジュ「非難されるようなことやってない」

脅迫を受けたハン・ヒョジュ側は迷わず警察に申告し、速やかに事件に対処した。所属事務所のBHエンターテインメントによれば、ハン・ヒョジュの父親は4日から6日まで元所属事務所ファントムエンターテインメントのマネジャーから脅迫された。「ハン・ヒョジュと元ボーイフレンドと撮った私生活関連の写真20枚を持っている。1枚あたり2000万ウォン(約191万円)、計4億ウォンをよこせ」という内容だった。所属事務所側は「(脅迫された)当時、ハン・ヒョジュ本人に確認した結果『問題になるような事をしたことは全くない』と答えた。これにより脅迫電話を受けてすぐに警察に申告した」として「直ちにすべての情況が明るみになり、現在全員が拘束された状況だ。特に彼らは警察捜査の結果、脅迫内容と違ってハン・ヒョジュについての特別な私生活の写真を持っていることもなかった」と説明した。

ハン・ヒョジュ側は犯人検挙にも積極的に協力した。ハン・ヒョジュの父親は警察の方針により「まず1000万ウォンを出すから原本の写真を送れ。原本が確認されたら残りの金を送金する」として、いったん1000万ウォンを入金し、警察が犯人を検挙できるように時間を引き延ばした。その結果、警察に申告してから4日で犯人を全員捕まえることができた。これまで女性芸能人と所属事務所側が過去の私生活などで被害を受けた状況でも、イメージダウンを心配して陰で被害を受けていたのとは180度異なる雰囲気だ。積極的で迅速な対処によって事件をすっきりと終えた。

所属事務所側は今後も公人という理由だけで脅迫を日常的に行う犯罪行為に対しては積極的に法的対処する予定だ。所属事務所側は「ハン・ヒョジュは非難受けるようなことをした事実がない。これにより本社としても捜査に積極的に協力した。公人という理由だけで脅迫を日常的に行う犯罪行為に対しては今後も強硬に対処する」と明らかにした。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 26日 14:50