[K-POP] 【現場レポ】M.I.Bの魅力全開ライブレポ『1st JAPAN TOUR KEEP GOING-SPECIAL EDITION-』

9月に名古屋、大阪、東京で行われたM.I.Bの『1st JAPAN TOUR「KEEP GOING」』の追加公演が11月19日にSHIBUYA O-EASTで行われました!M.I.Bの魅力全開で大盛り上がりだったライブレポートをお届けします!

【セットリスト】

1. M.I.Bがナガシンダ
2. Who’s Next
3. 皆ありきたり
4. Dutch Pay
5. The Falling Flower
6. Do U Like Me(Young Cream)
7. Say My Name(KangNam)
8.Hands Up(SIMS)
9. Beautiful Day(5zic)
10. Money In The Building
11. Only Hard For Me
12. Celebrate
13. Who Am I
14. Nod Along
15. Men In Black(Dash)
16. G.D.M
17. 너 부터 잘해(Let's Talk About You)

オープニングはお馴染みの『M.I.Bがナガシンダ』でスタート。メンバーがステージに登場した瞬間から、会場の熱気は一気にヒートアップ!
Kang Namは白いニットとデニムで爽やか王子風。リーダーの5zicは前髪にパーマをかけてイメチェンし、ニット帽にパーカーというラフなスタイル。Young Creamはシックに全身ブラック。SIMSは斬新な黒髪七三分けヘアで登場。

オープニングで3曲を熱唱し、メンバー達の挨拶。
メンバーの日本語が心配だというKang Namの紹介を受け、
Young Creamが「僕はYoung Creamです。(ここでさっそくカンペ登場)みんな会いたかったよ。僕は興奮してします。皆さんはもっと興奮してします。みんなと死ぬくらい思いっきり遊んで気持ちいいなります」と挨拶。
Young Creamのむちゃくちゃな日本語に、Kang Namは「ありがとう、史上最悪です」と厳しいツッコミ(笑)
続いて、SIMSは「みなさんお元気でしたか。“進撃の変人”です(もちろん“進撃の巨人”の間違い)。僕は日本の文化が大好き。本当にアニマがすきます」という謎の日本語で会場はまたもや大爆笑。
リーダー5zicは第一声で、「みんなにまた会えてうるさいです」という衝撃的な挨拶。本気で日本語を間違えた5zicにKang Namと会場は大爆笑し、5zicは慌てて修正。改めて、「僕はM.I.Bの5zicです。昼の2時からHIPHOPをやっているなんて(笑)来てくれて本当にありがとうございます」と挨拶。
最後にKang Namが「最後まで楽しく遊んでいきましょう」と会場のムードを盛り上げ、ライブは続きます。

この後はメンバーのソロステージ。
トップバッターはYoung Cream。色気あるパフォーマンスに、ファンの目は釘付け。
Kang Namのソロの前には、客席から「なめかわさーん」、「やすおさーん」という歓声があがる中、「Say My Name」を熱唱。続いてギターを弾きながらユン・ミレft「Hello Goodbye」を甘いボイスで切なく歌いあげます。
SIMSはステージに登場するなり、伴奏なしのラップでスタート。カリスマ炸裂の低音ラップで観客を魅せます。
最後の5zicのステージでは、「見ての通りまだまだです」と自分の実力を謙遜したコメントを準備していた5zicが日本語を忘れてしまうというハプニングが。突然頭が真っ白になってしまった5zicは、突如スタッフをステージに呼び出し、通訳を依頼。「来てくれてありがとう」とのコメントを通訳してもらい、そのままパフォーマンスへ。焦っていた姿からは一変し、カリスマ溢れるラップを披露しました。

この後3曲連続で曲を披露し、盛り上がってきたところでお待ちかねのMCタイム。
最近覚えた日本語は何かと聞かれ、
SIMSは「ドーンドーンドンキホーテ」という歌を披露。(日本で流行っていると思っているみたい)
Young Creamは「ぼくはヨインクリームです」と一言。
というのも、Kang Namが偶然事務所で見つけたM.I.Bのうちわに書かれていたメンバーの名前が「ヤングクリーム」ではなく、「ヨインクリーム」になっていたというエピソードによるもの。これが原因でいじられたYoung Creamの最近覚えた日本語がこれになってしまった様子。
5zicはKang Namに教えてもらったという超高音の可愛らしい挨拶「オジクデェ~ス」を披露、本人はとても恥ずかしがっていたものの、ファンはそんなオジクの姿に大興奮。

MCタイムが終わり、2曲を歌ったメンバーは一旦退場。その間にステージ両サイドのスクリーンには、ツアー中のメンバーの秘蔵映像や公演の模様が。その間に衣装チェンジをしたメンバーが再登場し、オールブラックのスーツでシックに決めた4人が「Men In Black(Dash)」を熱唱。ここで会場の熱気は最高潮に!

「Men In Black(Dash)」が終わり、最後の挨拶。
5zicが「男性ファンが結構来てくれていますね。この前来てくれた方も見えてますよ~」と一言。メンバーは今日集まってくれたファンに感謝の気持ちを伝え、「G.D.M」を披露。

そして、ツアーの追加公演に駆けつけてくれたファンのみんなに最後に何かプレゼントがしたいとメンバー達が悩んだ結果、11月27日に発表される新曲「너 부터잘해」(Let's Talk About You)をこの公演で初披露することに!リーダー5zicが作った曲で、今までのM.I.Bスタイルとは一味違った冬にピッタリのバラード調の曲です。今回の追加公演で未発表の曲まで楽しめたファンは大満足!

前回のツアーよりもさらにパワーアップしたパフォーマンスを見せてくれたM.I.B。いつも緊張していると言いつつ、一切緊張の様子が見られないKang Namは、メンバーの少し足りない日本語をうまくカバーしながら、お得意のトークとスムーズな進行でライブを盛り上げていました。
平日のお昼に行われた今回の公演でしたが、集まったファンはオープニングからアンコールまで大盛り上がりの様子でした!一般的なK-POPアイドルとは一味違う、本格的なヒップホップを味わえる熱いライブでファンを魅了したM.I.Bのメンバー達。今月末には新曲も発表し、日本語も一生懸命勉強中(?)だという彼らのこれからの活躍に目が離せません!

写真:(C)JUNGLE ENTERTAINMENT



M.I.B公式サイトはこちら

≪M.I.B Japan OFFICIAL FANCLUB≫




≪Mnet放送情報≫

『M.I.Bの孤軍奮闘記&Mnetライブ』2013年12月24日(火)午後6:00~7:00ほか
「WIDE NEWS」でCRAYON POPのヒット曲「パパパ」をM.I.B式にリメイクし話題となった、M.I.B出演のコーナーを一挙放送!また、過去の「M COUNTDOWN」の出演映像を集めた「Mnetライブ」も合わせて放送!
サイトページはこちら→

『M.I.Bの孤軍奮闘記&Mnetライブ』



『M.I.B KEEP GOING-FIRST JAPAN TOUR-』毎週(水)午後11:45~深夜0:00ほか※11/27(水)最終回
9月に行ったジャパンファーストツアー全3公演に密着!
サイトページはこちら→

『M.I.B KEEP GOING-FIRST JAPAN TOUR-』



『JJANG!』毎週(土)深夜0:30~1:00ほか
カンナムがMCをつとめ、韓国芸能ニュースをブラックユーモアたっぷりでご紹介!
サイトページはこちら→

『JJANG!』



『K-POP ZONE』毎週(金)午後10:00~11:00
Mnet Japan開局当初から続く情報バラエティ番組。カンナム、5zicがK-POPはもちろん、韓国の音楽シーンの魅力を多彩なコーナーでお届け。
サイトページはこちら→

『K-POP ZONE』




Copyright(C) CJ E&M Japan INC, All Rights Reserved 2013年 11月 26日 17:59