[K-POP] キム・ドヨン、INFINITEのLとの熱愛認める“今更なぜ??”

キム・ドヨンは11月26日、自身のTwitterで「(INFINITEのLとの)熱愛説が報道された後、Woolim側の要請を受け、コメントをしなかった。物質的、精神的被害が大きく、これ以上何もいわないわけにはいかなくなりました。すべての悪口の書き込みに対し、控訴する予定です」という文を掲載した。

キム・ドヨンは、「熱愛説が出た時、向こう側(Woolimエンターテイメント)からミョンスのために黙っていてくれとお願いされて、そうするしかなかった。帰り道にファンに石を投げられたり、車をパンクさせられたりしても控訴はしなかった」と明かした。

しかし、アンチファンの行動は収まることなく、キム・ドヨンは「事務所の前にゴミを置いていくとか、ショッピングモールの営業を妨害する行動により、両親が倒れて入院した。遅れてしまったけど、一人の人を助けるために私の大切な人と自分を守れなかったという思いに、すべてのことを明かすことにした。相手の仕事上、20代の私達が付き合っていたことを認めなかったこと、自由に恋愛しすぎたという点で責任はあるが、ここまで人を苦しめ、殺してやろうと呪われるほどのことはしていないと思う」と事実上Lとの熱愛を認めた。

また、「とにかく私達はそれ以降1回も会っていない。江南の警察で控訴の手続きをする前にこの文章を掲載します。これ以降も悪質な書き込みや噂には対処していく。事実無根の悪口やメッセージなどを送ってきた場合は、最大限の対処をする予定だ」と付け加えた。

一方、9月にオンライン上にINFINITEのLとキム・ドヨンが熱愛中だという証拠や文章が公開されたが、所属事務所側は「Lとキム・ドヨンは友達だが、恋人ではない。付き合っていない」と弁解した。しかし、キム・ドヨンはSNSを通してLと交際していたことについて言及しており、この後のなりゆきに注目が集まっている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 26日 12:27