[ドラマ] 『温かい一言』ハン・ヘジン、“本当に面白いドラマ”

女優ハン・ヘジンが結婚後初めて出演するSBS新月火ドラマ『温かい一言』の撮影初日を終えた感想を述べた。

9日、ハン・ヘジンは雨が降る城北洞(ソンブクトン)のカフェで初めての撮影を終えた。 突然寒くなってきた天候にもかかわらず、ハン・ヘジンは終始笑顔で撮影現場を和ませた。

『温かい一言』は2012年JTBCドラマ『私たちが結婚できるかな?』を執筆したハ・ミョンヒ脚本家とSBS週末ドラマ『蒼のピアニスト』の演出を手がけたチェ・ヨンフンプロデューサーがタッグを組んだ期待のドラマ。
ハン・ヘジンは韓国に帰国する前から台本を読み倒し、自身が演じるナ・ウンジンのキャラクターのために準備をしてきた。ナ・ウンジンは時々世間知らずと思われるほど元気いっぱいで何事も器用にこなし、親の期待を一身に受けて成長した人物だ。

撮影初日を終えた感想を聞くと、すぐに明るい笑顔で「私たちのドラマは本当に面白い。台本を読むほど深い話で、楽しくて愉快な作品。このドラマを見た方は決して後悔しないはず。頑張ります。たくさん応援してください」と抱負を伝えた。

『温かい一言』韓国で今年12月2日に放送開始となる予定だ。

写真=Namoo Actors

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 24日 12:20