[映画] 『青龍映画賞』イ・ビョンホンの発言が注目を浴びる

22日午後、ソウル慶煕(キョンヒ)大学平和の殿堂で第34回青龍映画賞の授賞式が開催され、俳優イ・ビョンホンがスタッフ賞の授賞者として壇上に立った。

スタッフ賞を授与するために舞台に上がったイ・ビョンホンは授賞に先立ち感想を述べた。
彼は「このように意味深い賞を授賞することになり心から光栄に思う。映画祭では最後に主演男優賞や主演女優賞、作品賞などに関心が傾くものだが、本当のハイライトはこのスタッフ賞ではないかと思う」と話した。

引き続きイ・ビョンホンは「この賞が映画制作スタッフの皆さんの力になり、彼らに恩返しできる機会となれば幸いだ。スタッフたちのおかげで韓国映画の未来は明るいと確信している」と心を込めて語った。

これを見たネットユーザーは「妻のイ・ミンジョンがうらやましい」「本当にすばらしい感想だ」「大物だから言える感想」「スタッフの存在は本当に大事」などの反応を見せた。

写真=キム・ビョングァン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 23日 16:24