[ドラマ] 『きれいな男』放送始まる…チャン・グンソクのキャラクターに注目

俳優チャン・グンソクが“異常”コードのキャラクターで登場した。チャン・グンソクは20日に放送が始まったKBS(韓国放送公社)第2テレビ新ドラマ『きれいな男』でドッコ・マテ役を演じ、新しいキャラクターを見せた。

チャン・グンソクが演じるドッコ・マテは、女性より美しい容貌に秀麗な話し方、男らしさを感じさせながらも繊細な姿で女心をほしいままにする男性。最初の放送でチャン・グンソクは言葉と行動が違う姿で視聴者に妙な興味を抱かせた。

チャン・グンソクはリッチな女性ソ・ユジンを誘惑し、家と車を手に入れた。女心を利用して欲しいものを手にする立場だが、決して謙るような態度は見せない。ソ・ユジンの果敢なスキンシップを拒否した後、「家をプレゼントする」という言葉を聞くと、ソ・ユジンを壁に押しつけて濃厚キスをした。男らしさと穏やさを適材適所に見せる作戦で、ソ・ユジンはもちろん、女性視聴者の心も溶かした。

やや誇張された設定だが、笑いを誘うキャラクターを表現し、ドラマの面白さを高めている。一方で、母を失った場面では胸をえぐるような嗚咽の演技を見せ、視聴者の心を刺激した。

『きれいな男』はチャン・グンソク(ドッコ・マテ)が10人の女性に会いながら「真の愛」を悟っていく過程を描いている。作家チョン・ケヨン氏の同名漫画が原作で、映画『7番部屋の贈り物』を執筆した作家ユ・ヨンア氏が脚本を担当した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 21日 11:42