[K-POP] BIGBANGテヤンが初のアメリカ単独コンサート、世界的ミュージシャンと共演

BIGBANGテヤンがMTV IGGYとインテルが主催する『ミュージックエクスペリメント2.0(以下ME 2.0)』に招待され、11月26日サンフランシスコのBIMBO’S 365クラブでアメリカ現地のファン達と対面することになった。

テヤンはBIGBANGワールドツアーでアメリカニュージャージーとLAでコンサートをしたことはあるが、ソロコンサートを開催するのは今回が初めてだ。

今回の公演は、インテルが2012年から開催してきた『ミュージックエクスペリメント』の2回目のシリーズで、今年はオーストラリア出身のエレクトロニックグループEMPIRE OF THE SUNとイギリスのエレクトロニックデュオDISCLOSURE、2011年にグラミー賞「今年のアルバム賞」を受賞した世界的バンドARCADE FIREがそれぞれニューヨーク、ボストン、LAで公演を行った。テヤンは世界的ミュージシャン達と共に『ミュージックエクスペリメント2.0』で共演するだけではなく、フィナーレを飾ることとなった。

テヤンはME2.0とのインタビューで「今回のアルバムは長い間準備をしたけど、さまざまな曲が収録されそうだ。僕が本当に楽しみたいと思っている、本当にやりたい時にやった音楽が入っているから、良い方向に向かっているという確信がある」と自信を見せた。

BIGBANGの成功の秘訣を聞かれると、「一緒にいる時に大きなシナジー、エナジーを出すようだ。そのエナジーが音楽とステージに詰まっていて、見る人たちがそのエナジーを受け取れることが秘訣ではないかな」と語った。

一方、今回のサンフランシスコ公演にはBIGBANGの「BAD BOY」、G-DRAGONの「ONE OF KIND」などのヒット曲を作曲したYGのプロデューサーCHOICE37とゲストとして出演する。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 21日 14:17