[映画] 映画“友へチング2”1位…またしても始まった“チングシンドローム”

映画“友へチング2”が14日の公開以降、4日で138万人の観客を動員し、公開した週のボックスオフィス1位にランクした。

“友へチング2”は、公開と同時にから新記録を更新している。歴代で平日に公開された青少年観覧不可の映画の中で最高のオープニングスコアを記録し、青少年観覧不可映画の中では最短期間で100万人を達成した。

“友へチング”は、韓国ノアールの伝説“チング”の後続作として公開され、11月の劇場最高の興行を記録した。公開当時、818万の観客を動員し、韓国ヤクザ映画シンドロームを巻き起こした“友へチング”を越えられるかどうかに期待が集まっている。

一方、“友へチング2”はドンス(チャン・ドンゴン)を殺害した容疑で服役することになったジュンソク(オ・ユソン)の17年後を描いた。ジュンソクが偶然知り合ったドンスの息子(キム・ウビン)とともに組織を再建し、釜山をもう一度立て直そうと努力をする内容を描いた。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 18日 18:35