[K-POP] CRAYON POP、日本単独コンサートで2000人が熱狂!

ガールズグループCRAYON POP(クレヨンポップ)が日本で開かれたイベントで新たな韓流スターとして人気を呼んでいる。

CRAYON POPは15日、お台場のZepp Diver City(TOKYO)で「CRAYONPOP present 2nd POPCON in Tokyo」というイベント(ライブとK-POPカバーダンスイベントの二部構成)を成功裏に終えた。

同コンサートには2000人を超える日本ファンが集まり、オールスタンディングで終始熱い歓声と熱狂的な応援を送った。
取材陣の熱気も熱いものだった。NHK、テレビ東京、テレビ朝日、フジテレビ、香港CENなど30の媒体がCRAYON POPの公演現場を取材するために集まった。

また、日本の有数の芸能マネジメント会社であるホリプロ、レコード制作流通会社であるソニー・ミュージックエンターテインメント、ユニバーサルミュージック、タワーレコードなどレコード、出版、広告分野の関係者約200人も参加する異例的な風景も見られた。

1部と2部に分かれたコンサートは午後5時から9時まで4時間続いた。
1部ではクレヨンポップの曲にだけ参加できるカバーダンス競演大会イベントが行われ、クレヨンポップが審査委員として参加した。
“ポップジョシ”(CRAYON POPの男性ファンを指す言葉)の熱烈な応援文化は日本でも続いた。カバーダンスイベントに参加したチームはファンの応援に感動したあまり、ステージの上で嗚咽したりもした。ある参加者は「今までカバーダンスのステージに何度も立ったことがあるが、今までにないほど大きな声援で胸がいっぱいになった」と感想を明かした。

CRAYON POPのメンバーウェイは「今年の初め、日本で400人規模の小さな会場でミニコンサートを開いたが、同じ年にZeppで2000人規模のコンサートを開くことになるなんて夢のようで、感慨深い」とし、「これからも無料コンサートで着実にファンの皆さんの愛に応えるCRAYON POPになる」と伝えた。

写真=クロム エンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 17日 12:58