[K-POP] Brown Eyed Girlsの初ユニット、なぜミリョとナルシャに?

ガールズグループBrown Eyed Girls(ブラウンアイドガールズ)がデビュー後初めてのユニットM&Nを披露した。メンバーのナルシャとミリョが2人で結成したM&Nは5日、ユニット結成発表後の11日正午に各音源サイトを通じてタイトル曲「今夜」をリリースした。

リーダーのジェアを筆頭にナルシャ、ミリョ、ガインの4人組グループBrown Eyed Girlsは2006年にデビュー、これまでもソロ活動はあったがユニット結成は初めてだ。特に注目されるのはなぜナルシャとミリョが選ばれたのかという点だ。

これについて所属事務所の関係者は15日、eNEWSに「ナルシャとミリョは以前からデュエットをしてみたいと話していた。ボーカルで勝負するナルシャとラップで勝負するミリョのハーモニーは絶妙。本人たちもそれを十分わかっているし、2人でのユニットに意欲を持っていた」と明らかにした。

引き続き同関係者は「そのため新曲『今夜』は2人の長所を集約して作った曲だ。歌詞の内容も聴けば分かるだろうが、ナルシャとミリョが好むように作詞されたもの」と付け加えた。実際に歌詞はミリョとナルシャが共に手がけた。

「今夜」はBrown Eyed Girlsの5thシングル「KILL BILL」を作曲したジェアと作曲家イ・ギュヒョンが所属するCandy Soundの作品で、アーバンスタイルのヒップホップ曲だ。英語バージョンの音源「Tonight」も公開する予定であり、海外マーケット攻略に対する可能性を見せている。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 17日 09:04