[芸能] Block.Bを控訴した日本の会社が謝罪「関連性のないことを確認、迷惑をかけた」

日本のエンターテイメント会社であるBE JAPAN側は、「Block.Bの日本内の公演契約に関連し、Block.Bのメンバー全員と所属事務所セブンシーズンズを被告として契約金返金請求の訴訟し、公演禁止仮処分申請を受け付けたという資料を訂正する」と11月14日に明かした。

BE JAPAN側は「二つの事件に関連し、ベリーグッドエンターテイメントと契約を行っていたことは確かだが、配布した報道資料に掲載されているセブンシーズンズとBlock.Bはこの事件とは関係がないことを確認した」と説明した。

これにより、BE JAPANはBlock.Bの日本内での公演禁止仮処分申請を取り消し、10月22日に提示していた契約金返金請求も取り下げた。

BE JAPAN側は、「ベリーグッドエンターテイメントとも円満に合意した。今回の事件で関係のないセブンシーズンズとBlock.Bに迷惑をかけたことに関して申し訳ないと思っている」とBlock.B側に謝罪した。

また、「2013年5月14日から14カ月である2014年7月113日までBlock.Bの日本内での公演に関する優先的な独占権を持つことにしたにもかかわらず、2013年11月22日に日本名古屋で我々とは相談なしに1日2回の単独公演をすることは、契約に違反している」と主張し、Block.Bとベリーグッドエンターテイメント、セブンシーズンズを相手に訴訟を起こしていた。

これに対し、Block.Bの所属事務所セブンシーズンズ側は、「今回の訴訟はセブンシーズンズ、Block.Bとは何の関係もない。相手の会社と契約をしたこともないし、そこが独占権を持つ視点だと主張している2013年5月にはセブンシーズンズが設立されてもいない」と明かした。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 14日 17:08