[芸能] JYJが悪質ネットユーザー告訴「今後も善処はない」

JYJが悪質ネットユーザーを告訴した。

所属事務所C-JeS(シージェス)エンターテインメントは12日、JYJを誹謗する目的で各種オンラインサイトに文を載せる悪質ネットユーザーに対する見解を明らかにした。

所属事務所は「DCギャラリーに、悪性デマと虚偽事実を流布したネットユーザーが訪ねてきて謝罪しました。ご両親が、未成年者であることを勘案して善処を望んだが、私どもは受け入れることができません」として「既に進めている損害賠償請求と民事訴訟は継続し、今後も悪質ネットユーザーへの善処はない」と伝えた。

引き続き「最近どんどん増えているJYJに対する悪意のデマや虚偽事実の流布だけでなく、誹謗中傷など侮辱罪に該当するコメントも警察の協力を受けて調査している」として「悪意のある誹謗やうわさの流布に対しては厳重に警告する」と付け加えた。

今年だけでも20人余りの悪質ネットユーザーをサイバー捜査隊に告訴したC-JeSは、それでも悪性コメントが減らないため警告文を通じて強硬な態度を取ったものと見られる。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 11月 13日 16:10