[映画] カンイン初主演映画“猫のお葬式”出演確定

SUPER JUNIORカンインは映画“猫のお葬式”(イ・ジョンフン演出/ムノピクチャーズ制作)で男性主人公であるインディーズのミュージシャンドンフン役にキャスティングされ、スクリーンを通して久しぶりに俳優として新しい姿を見せることとなった。

映画“猫のお葬式”(原題)は、人気ウェブチューンを映画化したロマンティックヒーリングムービーで、別れた恋人一緒に育てていた猫のお葬式を行うために1年ぶりに再会し、1泊2日の旅に出る話を描いた作品だ。

制作陣は、「男性主人公ドンフンは細かい感情を表現する演技はもちろん、ギターの演奏、歌の実力まで様々な魅力が必要なキャラクターで、カンインの純粋さと悲しさが共存している眼差しに惹かれてキャスティングした」と話した。

カンインはすでに2007年に映画“イケメン連続テロ事件”、2008年映画“純粋漫画”、2009年ドラマ“ロマンス・ゼロ”などで歌手だけでなく俳優としても様々な魅力を見せてきた。しかし主演を務めるのは今回が初めてであり、期待が集まっている。

“猫のお葬式”は11月中に撮影をはじめ、来年の上半期に公開予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 13日 10:15