[ドラマ] ニックンが日本の地上波ドラマに特別出演、アジアのスターが集結

2012年にタイの映画会社GTHのオムニバス映画“Seven Something”の“42.195”と、2013年の中国トレンディードラマ“一と二分の一、夏”で主演を演じ、アジアで活発に演技活動をしているニックンが日本の地上波日本テレビ開局60周年の特別ドラマ“金田一少年の事件簿獄門塾殺人事件”に特別出演する。

“金田一少年の事件簿”は、日本の“週刊少年マガジン”で20年間連載され、日本だけでなく全世界で人気の推理漫画を原作に作られたドラマとして、1995年に初シリーズが放送された後、平均視聴率23.9%を記録し、日本テレビの看板ドラマと呼ばれている作品だ。

特に2013年1月に日本テレビの特別制作ドラマ“金田一少年の事件簿九龍殺人事件”は、アジア各国で放送され、最近開催された“東京ドラマアワーズ2013”で優秀賞を受賞した。このような“金田一少年の事件簿”が“獄門塾殺人事件”となって帰ってきた。

ニックンは劇中、逆境な中で一生懸命生きていく優等生として登場する。ニックンが熱演する優等生は起こる全ての事件のカギを握っている主要人物であり、強烈なインパクトを与えることが期待されている。

また、“金田一少年の事件簿”でニックンは主演を務めたジャニーズの人気アイドルグループHey! Say! JUMPの山田涼介と有岡大貴、人気俳優成宮寛貴、そして台湾のスーパーアイドルグループ飛輪海出身のウーズンなどと共演する予定だ。

一方、ニックンが特別出演する“金田一少年の事件簿獄門塾殺人事件”は日本テレビで2014年1月に放送される予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 13日 10:14