[芸能] SUPER JUNIORがオックスフォード大学で特別講演「想像も出来なかった・・・」

SUPER JUNIORが国内のグループとしては初めて、ヨーロッパの名門大学オックスフォード大学で特別講演を行い、話題になっている。

SUPER JUNIORのウニョク、キュヒョン、カンイン、シウォンはオックスフォード大学のアジア太平洋協議韓国人学生会の招待により、10日午後5時(現地時間)にイギリスロンドンに位置するオックスフォード大学のユニオンディべイティングチャンバーで“Super Junior: The Last Man Standing”というタイトルの特別講演を行った。

この日、寒い天気にもかかわらず、約400人の学生達が出席し、グローバル韓流熱風の主役であるSUPER JUNIORに関する高い関心を見せた。

SUPER JUNIORはこの日の講演で、アジアはもちろんアメリカ、ヨーロッパなどで全世界100万人の観客を突破するという記録を打ち立てた“SUPER SHOW”の公演のハイライト映像や、SUPER JUNIORのさまざまな記録を数値化した“数値で見るSUPER JUNIOR”、CDの制作過程、直接体験した韓流に関する思いなど、さまざまな話を和気あいあいとした雰囲気の中行った。

また、質疑応答の時間には「最高のK-POP歌手になるまでに困難を克服した方法」、「情熱を持続させる原動力」などのさまざまな質問を受け、ヒット曲『Sorry Sorry』のダンスを学ぶ時間には学生たちが席から立ち上がり、一緒にダンスを踊るなどした。

この日の講演を聞いたオックスフォード大学の学生エリサ(22)は、「今回の講演を通じてSUPER JUNIORにより親近感を感じたし、韓流を引っ張っているグループらしいさまざまな話を聞けた面白い時間だった。漠然なイメージを感じていた韓流に対しても興味が生まれたし、これからどんどん発展していったらいいと思う」と話した。

SUPER JUNIORのメンバー達は、「歴史のあるオックスフォード大学で講演をするなんて想像も出来なかったけど、こんな機会が与えられてすごく嬉しい。講演の間声援を送ってくれた学生たちに感謝しているし、講演を準備しながら僕たちも今までの活動を振り返る時間になって、意味深かった」と感想を語った。

一方、SUPER JUNIORは15、16日に大阪京セラドームで“SUPER JUNIOR WORLD TOUR “SUPER SHOW5” in OSAKA”を開催し、ワールドツアーを引き続き行っていく予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 11日 14:10