[K-POP] CRAYON POP、日本アルバム未発売にもかかわらずチャート10位

CRAYON POPが9月に発売したリミックスミニアルバム『The Streets Go Disco』がタワーレコード新宿店11月第2週目のK-POPオフラインアルバム販売ランキングで10位を記録した。

このような結果は、CRAYON POPのCDが日本市場で正式に発売されていないという点で、日本でも異例な事であり、話題になっている。

CRAYON POPの所属事務所関係者は、「国内で相対的に新人と呼ばれているCRAYON POPがCDを発売して2ヵ月も経った時点で、日本の販売ランキング10位を記録したことは、とてもありがたい現象だ。日本現地でのファン層が広がりながら根気強く人気を伸ばしているのだと思われる」と話した。

タワーレコード新宿店は、週間単位でK-POPのCD販売ランキングを発表しており、11月の第2週目の1位はキム・ジェジュンのソロ正規アルバム『WWW』がランクした。2位と3位はそれぞれSHINeeとEXOがランクした。

これに続き、TEENTOPとU-KISSが4位と5位に、T-ARAとTROUBLE MAKER、IU、G-DRAGONの順にランクした。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 11日 11:26