[映画] ソルリ、チュウォンの女に?映画“ファッション王”

映画“ファッション王”の制作会社ワイラップは、「f(x)ソルリは作品の中のヒロインのうちの一人だ。クァク・ウンジンを演じる予定」と8日に明かした。

“ファッション王”はウェブチューンを映画化した作品だ。ウェブチューン“ファッション王”は、高校生の少年の成長ヒストリーをファッションと結びつけ、コミックでトレンディに描いた作品であり、週間照会数400万以上を記録した人気作である。

ワイラップ関係者によると、原作の主要キャラクターであるウ・ギミョン、パク・ヘジン、クァク・ウンジン、ウォンホ、ドゥチ、チャンジュ、ナムジョンなどが映画“ファッション王”に登場する。連載初期から映画化に対する期待が高かった作品であり、どのような俳優達が出演するかに関心が集まっている。“ファッション王”は、現在チュウォンが主演を肯定的に検討中であり、より注目されている。

また、“7番部屋の贈り物”、“新世界”、“かくれんぼ”などでヒット作を連発している配給会社NEWが“ファッション王”の投資、配給をすることが決まった。

“ファッション王”は原作ウェブチューンのエイジェンシーを担当している株式会社とワイラップが単独で制作し、“タッチャ”、“殺人の記憶”、“ビート”などを制作したチャ・スンジェプロデューサー、“別れの契約”、“ナンパの定石”などのオ・ギファン監督が務める。“ファッション王”は2014年1月にクランクイン予定であり、夏の公開を目標としている。

一方、ドラマ“薯童謠”(2005)の幼いシンファ皇女で女優デビューしたソルリは映画“パンチレディー”(2007)、“ばか”(2008)、ドラマ“花ざかりの君たちへ”などを経て、現在映画“海賊”(イ・ソクフン監督)を撮影している。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 08日 14:27