[K-POP] 少女時代、YTMA「今年のミュージックビデオ賞」受賞…世界から熱い関心

少女時代が「ユーチューブミュージック ワード(YouTube Music Awards:YTMA)」で「今年のミュージックビデオ(Video of the year)」を受賞し、世界メディアから熱い関心を集めている。

少女時代は4日午前8時(韓国時間)、米国ニューヨークのOier36で行われた第1回YTMAで、4枚目のタイトル曲『I Got a Boy』で「今年のミュージックビデオ賞」を受賞した。

CNNだけでなくウォールストリートジャーナル、USAトゥデイ、ABCニュース、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ニューヨークデイリーニュースなど米国メディアをはじめ英国のロイター、BBC、フランスのルパリジエン、スイス・国営放送局SRF、カナダのナショナルポスト、豪州のシドニーモーニングヘラルド、ニュージーランド国営のテレビニュージーランド、タイのバンコクポスト、日本のオリコンなど世界の主要メディアが少女時代の受賞に言及して注目した。

特に、米国CNNは「K-POPガールズグループ少女時代が、初のユーチューブアワードでマイリー・サイラス、レディー・ガガを抜く(K-pop group Girls’ Generation beats Miley、Lady Gaga at first Youtube awards)」という題名で記事を掲載し、少女時代への関心を示した。

ロイター通信もやはり「『今年のミュージックビデオ』受賞は韓国の『メガスター』少女時代が占めた。彼女たちはいまだ米国音楽市場に進出中だ」と伝え、米国最大日刊紙USAトゥデイは「少女時代が授賞式でレディー・ガガや別の候補者を抜いて受賞したというのは、明らかに若い歌手たちにとって衝撃だった」と評価した。

少女時代の所属事務所SMエンターテインメント側は「今回の受賞は、グローバルオンラインプラットホームで韓国アーティストが全世界の人気スターらと争って成し遂げた記録であり、韓国音楽と歌手が世界の音楽をリードする可能性があることを証明したことなので話題を集めているようだ」と明らかにした。

一方、少女時代は11月9、10日に香港のアジアワールドエキスポアリーナ(Asia World-Expo Arena)で「2013 Girls’ Generation World Tour ~Girls&Peace~ in HONG KONG」を開催する予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 06日 09:56