[K-POP] 俳優チョンウと女優キム・ユミ「熱愛認定」、年上-年下カップル誕生

俳優チョンウ(32、実名:キム・ジョングク)と女優キム・ユミ(34)が熱愛中だ。

チョンウの所属事務所ベルアクターズ関係者は5日午前、韓国日刊スポーツとの電話で「正式に交際を始めてから1カ月ぐらいになる。互いに心を開いて交際を始めてからいくらも経っていないカップルだ。温かく見守ってほしい」と伝えた。さらに「一部で2人の結婚説が言及されている。これは事実無根」と強く話した。2人は映画『レッド・ファミリー』(イ・ジュヒョン監督)を撮影する中で良い感情が生まれ、恋人へと発展したという。

チョンウは2001年に映画『7人の夜明け』でデビューし、映画『シティ・オブ・バイオレンス-相棒-』『死生決断』、ドラマ『悲しき恋歌』などに出演して演技の経験を積んできた。映画『願い』で演技力を認められ、KBS(韓国放送公社)第2テレビの週末ドラマ『最高だ、イ・スンシン』で認知度がアップした。現在放映中のケーブルチャンネルtvNドラマ『応答せよ1994』のスレギ役で人気を享受している。

女優キム・ユミは2002年映画『フォン(The Phone)』で芸能界入りした。映画『Detective Mr. Gong』『リターン』、ドラマ『真珠のネックレス』『ロマンス』『無情都市』などに出演した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 05日 15:15