[映画] 映画『雪国列車』、フランスで初週2位

ポン・ジュノ監督の映画『雪国列車』がフランスでも好スタートを切った。

グローバルボックスオフィス集計サイト「RENTRAK」によると、先月30日にフランスで公開された『雪国列車』は4日午前まで(現地時間)に20万人近い観客を集め、先週公開された22作品のうちボックスオフィス順位2位となった。

『雪国列車』は公開初日の30日、300館で8位でスタートしたが、噂が広まり、3日には全体ボックスオフィス5位に上がった。競争作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が585館、アニメ『ターボ』が834館、『プレーンズ』(Planes)が632館で上映された点を考えると、半分ほどの上映館数で大きな成果を出している。座席シェアも全体作品で『ゼロ・グラビティ』『マイティ・ソー』に続く3位と善戦している。

CJ側は「フランス内の10余りのメディアが『雪国列車』に満点の5つ星を与え、現地メディアの評点も4.3に達する」とし「作品性と大衆性がともに認められている」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 11月 05日 14:50