[芸能] ソ・イングク“応答せよ1997”「僕のイメージを変えてくれた作品」

ソ・イングクは5日午前10時30分に放送されるtvN芸能情報番組“eNEWS-記者vs記者:神の一手”に出演し、俳優として大活躍している近況について語った。

ソ・イングクはこの日、放送で「ソ・イングクに対するイメージを変えてくれた作品があるとしたら、“応答せよ1997”だ。俳優人生で多くの機会をくれたキャラクターはユン・ユンジェだ。それがなかったら俳優としてのソ・イングクはなかった」と話した。

ソ・イングクは昨年“応答せよ1997”にユン・ユンジェ役として出演した。慶尙道蔚山(キョンサンド・ウルサン)出身らしく、クセのある方言の演技と、一人の女性を一途に思うイメージで世の女性達の“理想のタイプ”として大ブレイクした。

“応答せよ1997”出演以降、MBCドラマ“マイラブリーブラザーズ”、SBS“主君の太陽”で主演を演じ、最近公開した映画“No Breathing”では初のスクリーンデビューを果たした。

ソ・イングクはスクリーンデビューに関して、「映画自体に出演すること自体すごいことだと思っていたけど、主演という話を聞いた時には「やばいんじゃないのか」と思って、心配もしたし、プレッシャーも大きかった」と明かした。

これ以外にも、この日の放送では“神の一手”と称されている芸能人、一般人のキャスティングについても公開される。コ・アラ、ジョンウ、ソ・イングク、ユ・ヒヨルなどをはじめとし、映画評論家ホ・ジウン、スターシェフレイモンキム、皮膚科専門医ハム・イクビョン医師などが登場し、大ブレイクについて迫る。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 05日 15:48