[K-POP] ★現場レポ★VIXXショーケースin中野サンプラザホール★[Part1]

10月25日に中野サンプラザホールで行われた、
“2013 VIXX GLOBAL SHOWCASE “THE MILKY WAY” in JAPAN”。
Mnetスタッフが潜入した東京(昼・夜)公演の現場レポートをお届けします!

“2013 VIXX GLOBAL SHOWCASE "THE MILKY WAY" in JAPAN”は、VIXX初となるグローバルショーケースであり、10月23日には大阪、25日には東京で開催されました。このツアーは2ヶ月間に渡り、日韓はもちろん、アメリカ、東南アジアなど世界各国をまわるVIXX史上最大のグローバルショーケースです。東京公演は瞬く間に完売させ、大阪での追加公演も決定。東京・大阪公演を合わせて約1万人のファンが集まり、VIXXと楽しい時間を過ごしました。

当日、会場入り口には開演前から多くのファンが集まり、VIXXのライブを待ちわびたファンの熱気で溢れていました!そして、ロビーではVIXXへの質問やリクエストを受け付けるボードが設置され、ファンが付箋にそれぞれの想いや質問を書き込み、貼り付ける姿で賑わっていました。
ファンから届いた可愛いバルーンアートやお花もたくさん!
もちろんMnetからもお花も贈りました!


ショーケースのセットリストはこちら↓

★セットリスト★
1. オープニング
2. 傷つく準備ができてる
3. 暗闇を照らせ
4.トーク
5. レオソロ-Can’t Be Friends
6. ラビソロ-Original Song
7. ホンビン&ヒョギ-パフォーマンス
8. ケンソロ-Turn Up The Music
9. エンソロ-Blindfold Dance
10. SUPER HERO
11. トーク
12. Starlight
13. Rock Ur Body
14. デ・ダ・ナ・ダ・ノ(ス・ゴ・イ・ネ・キミ)
15. ハイド

公演が始まり、オープニングVTRが流れ始めると、VIXXを待ちに待っていたファンたちのテンションは、早くも最高潮に!真っ暗なステージにVIXXのメンバーが登場し、『傷つく準備ができてる』を熱唱。公演スタートと同時に会場は熱気に包まれ、続いて『暗闇を照らせ』で迫力のあるパフォーマンスを披露。


そして、ここで今回のショーケースの主人公になれる“ラッキーガール”を選ぶためのくじ引きが登場。座席番号が書かれた紙を引いて、当たったファンはメンバー達から“とんでもないプレゼント”をもらえるとのこと。メンバーがくじを引き、“ラッキーガール”を決めた後、ここからはメンバー達が一生懸命準備したというソロステージへ。

トップバッターはレオ。
キーボードの前に座って登場し、クールでミステリアスなレオの魅力がいっぱい詰まったステージを披露。Trey Songzの『Can’t Be Friends』を弾き語りで演奏をはじめ、甘く切ないバラードを見事に歌いあげました。途中からはマイクを持ってステージ中央で情熱的に熱唱。ファンはそんなレオの姿にうっとり!


続いて、ラビのソロステージ。
ラップでオリジナル曲を披露。真っ赤に染まったステージ中央に登場し、お得意のラップを披露しながら激しいダンス。舞台の隅々まで走り回ってファンと一体となったパフォーマンスを見せてくれました。


そして、ホンビンとヒョギは冒頭で選ばれていた“ラッキーガール”の心を射止めるため、様々な手法でアピール合戦がスタート!昼公演には女の子、夜公演には小学生の男の子(ラッキーボーイ?)が選ばれ、ホンビンとヒョギの2人から猛烈アプローチを受けるというなんとも羨ましいパフォーマンスの主人公に!

ホンビンは風船を膨らませてプレゼントをしたり、スケッチブックに日本語でメッセージを書いてみせたり、一生懸命アピール。

一方、ヒョギはお得意のダンスを披露したり、スクリーンに映し出された車のトランクからいっぱいの風船を飛ばすというロマンティックな演出に挑戦。その後はスクリーンに映し出された音楽プレーヤーで、それぞれがセレクトした楽曲でアピールするなど、“ラッキーガール”の奪い合いが続きます。

そして最後に2人は、“ラッキーガール”に花を渡し、どちらか一方が選ばれるという展開に…!昼公演ではホンビンが見事に告白に成功。ヒョギが残念がる姿を見せましたが、ファンたちの声援により立ち直ったヒョギ!夜公演では“ラッキーボーイ?”がヒョギを選択し、無事名誉挽回(?)に成功しました。


ケンはChris Brownの『Turn Up The Music』を熱唱。英語のアップテンポの曲を見事に歌いあげ、激しいダンスを披露。曲の途中には、愛嬌溢れる可愛らしいダンスパートもあり、ファンはそんなケンの姿に黄色い歓声を送っていました。


そして最後はエンのダンスソロ。
レベルの高いダンスで知られているエンのステージは、なんとBlindhold(目隠し)ダンス!黒い目隠しをした状態で激しいダンスを披露。前が見えていないとは思えないほどの完璧なパフォーマンスを披露し、会場からは大きな拍手が!

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 05日 10:26