[K-POP] 少女時代、YouTube「今年のミュージックビデオ賞」に!

第1回「YouTubeミュージックアワード(YouTube Music Awards)」で韓国の人気グループ少女時代が全世界のスターたちを抑え、「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

少女時代は4日午前8時(日本時間)、米・ニューヨークで開かれた第1回「YouTubeミュージックアワード」で、「I GOT A BOY」で「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。「YouTubeミュージックアワード」であるだけに、計6つの受賞部門で一番大きな賞に相当する「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」を少女時代が受賞し、彼女たちのグローバルな人気を再確認させた。

少女時代が受賞した部門には、PSY(サイ)の「GENTLEMAN」をはじめジャスティン・ビーバー、レディー・ガガ、ワン・ディレクション、セレーナ・ゴメスなどが候補にノミネートされた。世界のトップスターたちと競争を繰り広げた。

今年初めて開催される「YouTubeミュージック・アワード」は1年間、全世界のYouTubeユーザーたちに最も愛された音楽とミュージシャンを選定する受賞式であり、少女時代がノミネートされた「今年のミュージックビデオ賞」の他にも「今年のアーティスト」「YouTube人気パロディー」「YouTubeイノベーション」「YouTube跳躍」「YouTubeトレンド」など計6つの部門で授与が行われた。

その結果、「YouTube跳躍」はマックルモア&ライアン・ルイス(Macklemore&Ryan Lewis)が受賞し、「Response of the Year」はリンジー・スターリング(Lindsey Stirling)&ペンタトニックス(pentatonix)の「Radioactive」が受賞した。

「YouTubeイノベーション」は デ・ストーム(DeStorm)の「See Me Standing」が受賞し、PSY(サイ)がエントリーした「YouTube Phenomenon」はテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の「I Knew You Were Trouble」が、「今年のアーティスト」はエミネム(Eminem)がそれぞれ受賞した。PSYと少女時代が共にエントリーした「ビデオ・オブ・ザ・イヤー」は少女時代が受賞した。

写真=eNEWS DB

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 04日 12:30