[ドラマ] JYJ ユチョン、2年ぶりドラマ復帰!「Three Days」へ出演確定

JYJ(ジェイワイジェイ)のユチョンが、SBSドラマ「Three Days」(脚本:キム・ウニ、シン・ギョンス)でお茶の間にカムバックする。

ユチョンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは4日、「ユチョンが来年2月に放送予定のドラマ『Three Days』の男性主人公ハン・テギョン役への出演を確定した。『サイン』『ファントム』のキム・ウニ作家と、『根の深い木』のシン・ギョンスプロデューサーが手がける作品で、シノプシスを読んで迷わず出演を決定した」と伝えた。

「Three Days」(仮題)は、休みを楽しむために専用の別荘を訪れた大統領が、3発の銃声と共に失踪し、姿を消した大統領を追って事件を追跡するボディガードと大統領の緊迫するストーリーを描いた作品だ。
劇中、ユチョンは、風の音さえ見逃さない警護室のエリートエージェント、ハン・テギョン役を演じ男らしい魅力をアピールする予定だ。

事務所は続けて、「しっかりしたストーリーが感じられるシノプシスを読んで決定することとなった。一風変わった題材と、初めて試みる企画であり、何よりもそうそうたる制作スタッフとの出会いに対する期待感が高い」と感想を述べた。

同ドラマの制作会社(ゴールデンサムピクチャーズ)は「ユチョンの復帰のニュースに日本をはじめアジアと欧州の市場も早くから反応し始めている。ユチョン復帰のニュースに海外のバイヤーたちが早くから制作会社にオファーを提案している」と伝えた。

ユチョンは2010年、ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」で俳優デビューし、「ミス・リプリー」「屋根部屋のプリンス」「会いたい」などで繊細な演技力とスター性を認められ、百想芸術大賞をはじめ各放送局の年末授賞式を総なめにした。また、日本では「屋根部屋のプリンス」で、中国では「会いたい」で高い人気を集めている。

写真=C-JeSエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 04日 12:29