[映画] イジュン、アイドル時代も演技を熱望

キム・ギドク監督が制作した映画「俳優は俳優だ」の主演を務めたMBLAQ(エムブラック)イジュンの実際の姿とは。

30日、「俳優は俳優だ」の配給会社であるNEWは主演俳優イジュンの側近が明かした、彼の普段の姿を盛り込んだ映像「人生劇場」を公開した。

公開された映像では、イジュンを長い間一番近くで見守ってきた母ソン・バンナさんとマネージャーの赤裸々な証言が続く中、小中学時代、映画「ニンジャ・アサシン」でハリウッドに進出した当時の写真で構成され、彼の過去と現在、そして将来の夢まで垣間見ることができる。

イジュンの母は「子供の頃からいつどこに飛んでいくか分からない子だった。小学生のときから演技に対する情熱を持っていた。生まれつきの俳優という感じがする」と明かした。

続いて「演じることを考えるだけで目を輝かせて嬉しがっていた。『俳優は俳優だ』にキャスティングされた日、喜んでいた姿が忘れられない」と語り、俳優になるのが夢であった息子への愛情を見せた。

イジュンをデビュー当時から見守ってきたマネージャーは「『ニンジャ・アサシン』を通じて俳優として先にデビューしたが、アイドルとして注目を集めながらも演技に対する渇きを感じていた。そばで彼を見守ってきた兄として、長く活動できる俳優になってほしいし、真面目な俳優になってほしい」と心からの応援を惜しまなかった。

インタビューのほかにも、第18回釜山(プサン)国際映画祭に「俳優は俳優だ」が公式招待され、俳優として初めてレッドカーペットを踏んだ瞬間から各試写会まで、イジュンの“演技人生”に対する知人たちの証言は彼の演技への執念と情熱を実感させる。

演技への情熱を燃やすイジュンの初主演作「俳優は俳優だ」は狂ってしまうほどスターに憧れ、それを味わった瞬間から始まった“俳優誕生”の裏話をリアルに描いた映画だ。

写真=NEW

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 02日 11:29