[芸能] イ・ミンホを見に中国、フィリピンから韓国訪問“韓流スターの威厳”

韓流スターイ・ミンホをモデルとして起用している中国とフィリピンの大企業の関係者たちが2014年の広告制作のために“イ・ミンホドリームチーム”を結成し、韓国を訪問した。イ・ミンホが最近SBS水木ドラマ“相続者たち”(キム・ウンスク脚本/カン・シンヒョ演出)に出演しており、海外スケジュールをこなすことができないためだ。

グローバル企業であり、フィリピン最大の衣料ブランドである“ベンチ”のマーケティングチーム担当者と広告制作チーム、シンガポールとフィリピン連合のプロジェクトチームなど約10人の関連スタッフは、最近ソウル江南のあるスタジオでイ・ミンホをモデルとした新製品の広告撮影を終えた。この日の撮影は、イ・ミンホが収録のスケジュールのわずかな空き時間を利用して、素早く行われたという。

特にイ・ミンホと強いきずなで結ばれている“ベンチ”グループの会長は、直接韓国を訪問してイ・ミンホを応援し、撮影後には一緒に撮った写真を自身のTwitterに掲載するなどし、「ソウルでイ・ミンホとアメージングな撮影を終えた」とフィリピンにリアルタイムで伝えた。イ・ミンホは昨年11月にフィリピンに招待され、ファンミーティングを行い、大盛況だった。

また、イ・ミンホはこの数日前に、中国最大のカジュアルブランド“森馬”との撮影を行っていた。この日の撮影には、現地の写真作家と関連スタッフ約20人が同行した。撮影はスタジオとソウルの都心のいたるところで行われた。

イ・ミンホは4月に中国の“森馬”の新店舗オープンイベントに参加し、数千人の人が殺到し、安全を考慮した主催側の判断によりイベントが中止になっていた。今回韓国を訪問した中国のスタッフ関係者は、「現在中国をはじめとした東南アジア各国で韓流スターイ・ミンホ熱風が巻き起こっており、“相続者たち”でもう一度ブームに火が付いている。現地で放送されたら海外スターとして唯一無二の存在になれるだろう」と話した。

イ・ミンホの関係者は、各国の撮影チームたちの訪問に対して、「道義的にも慣例的にも現地で撮影する方が合理的だが、海外の往復スケジュールをこなすことができず、このような選択をした」と話した。イ・ミンホはスタッフ一人一人の手をとって感謝の気持ちを伝え、訪問したスタッフ全員にカルビやカンジャンケジャン、カンギエイの刺身などをごちそうし、韓国文化を体験させるなどして、スタッフたちはイ・ミンホを大絶賛したという。

一方、イ・ミンホはSBS水木ドラマ“相続者たち”で致命的な魅力を持ったキム・タン役を繊細な演技で注目を集めている。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 01日 14:09