[芸能] T.O.P「素晴らしい後輩達“WIN”新しい刺激剤」[インタビュー]

映画“同窓生”(パク・ホンス監督)の公開を控えているチェ・スンヒョン(T.O.P)は10月31日、newsENとのインタビューでしばしBIGBANGのT.O.Pに戻り、所属事務所YGエンターテイメントで新しくデビューするボーイズグループに関してコメントした。YGエンターテイメントの“WINNER”プロジェクトであったMnet“WHO IS NEXT:WIN”を通してAチームはデビューの機会を掴み、Bチームはまた練習生となる。

BIGBANGの後に続く後輩グループの誕生に、「正直ただただ嬉しい。午前中にも美容室でAチームの子たちに会ったけど、挨拶をしてくれた。楽しいエネルギーをもらってきた。彼らの個性と美しさを感じられて、すごくいいと思う。それは可能性を意味している。素晴らしい可能性を持った子たちだ」と絶賛した。

また、「一緒に活動することになる所属事務所の後輩が出来たということは、僕にとってもすごく意味深い。個人的に先輩としていいところを見せて、見本になりたいとも思う。だから僕もいつも努力をしている。すべてに一生懸命に取り組んでいる」と明かした。

T.O.Pもデビュー前にサバイバル番組を通して、BIGBANGとしてデビューした。経験者からして2チームの中から1チームだけデビューすることになるということは残念ではないかという質問に対し、「僕が制作者ではないからああだこうだ言えることではないけど、Bチームもすぐに違う方法で挨拶することが出来るのではないかと思う」と話した。

また、「デビューをするしないに関係なく、AチームもBチームもみんながすごい子たちだということだ。どっちのチームが良いと決められない。優劣?決められない。僕は両方素晴らしいと思う。あのような大きい番組に出演して投票されるくらいなら、彼らはすでに彼らの能力を認められているということだと思う」と後輩達を積極的に応援した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 11月 01日 10:22