[映画] 俳優カン・ジファン、映画『ロマンシングゲーム』主演へ…「悪い泥棒役!」

俳優カン・ジファンが映画『ロマンシングゲーム』の主演にキャスティングされて観客の期待を集めている。

31日所属事務所側は「カン・ジファンが11月からクランクインする『ロマンシングゲーム』の男性主人公に電撃キャスティングされた」と明らかにした。

来年封切り予定の『ロマンシングゲーム』は、女心も盗める泥棒と、恋愛にはうぶな強行犯担当の女刑事ヘスンとのドキドキするようなロマンスとアクションを盛り込んだ作品。カン・ジファンは劇中で、神出鬼没の泥棒ジヌ役としてこれまで積み重ねてきた演技力を発散する予定だ。

カン・ジファンは「あれこれ起こるロマンスや迫力感あふれるアクションが交わった映画で、観客と会えると思うとすでにうれしくてときめいている。監督と同僚俳優そして全スタッフらと共に良い作品として挨拶できるように最善を尽くす」としながら「『ロマンシングゲーム』に大いなる関心と愛をお願いしたい」と所感を伝えた。

カン・ジファンは映画『映画は映画だ』『7級公務員』『チャ刑事』をはじめこの前放映終了したSBS(ソウル放送)ドラマ『お金の化身』まで多様な作品を通じてジャンルにとらわれない幅広い演技力を見せて多くの支持を受けている。

現在、低予算映画『太陽に向かって撃て』の後半撮影中だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 10月 31日 17:33