[K-POP] “WIN”Bチームの近況は?「ファイナルバトル以降、練習に集中」

YGエンターテイメントの次世代新人ボーイズグループのサバイバル番組“WHO IS NEXT:WIN”のBチームは、10月24日午後9時、ソウルオリンピック公園ハンドボール競技場で開かれたファイナルバトルで惜しくもAチームに敗北した。これにより、AチームはBIGBANGに続く8年ぶりに新しく生まれるYGの新しいボーイズグループ“WINNER”となった。

これにより、今までBチームを応援してきたファンたちは残念な気持ちを隠せないでいるが、ヤン・ヒョンソク代表はこの日、ファイナルバトルを控えて開かれた記者会見で、「勝ったチームをすぐにデビューさせて、負けたチームは演技、保留、最悪の場合解散という単語を使ってファンたちと約束をしたため、その部分に関しては絶対に守らないといけないと思う。負けたチームは、解散してYGを出ると思っている方達も多いけど、必ずといってそうではない。これからYGでもう少し練習をして、メンバー交代や実力を伸ばす余地がある。

負けたチームがどうなるかについて詳しくお話しすることはできない。もう少し考えてみないといけない。負けたチームに関しては、時間をおいて待ってほしい。今日負けたチームのこれからのことについては確実な答えを出す余裕も時間もない。簡単に彼らを事務所に送り込んだり、人生で挫折してしまうほどのことは起こらないから、ファンのみなさんもあまり心配しなくても大丈夫だ」と明かした。

これに関連して、YGエンターテイメントの関係者は、10月31日午後newsENに対し「Bチームはファイナルバトルの後、休みをとって、いつも通り練習を続けている。これからのことについてはこれから決まる」と明かした。

一方、“WIN”のAチームは11月と12月に日本で開かれるBIGBANGのドームツアーでオープニングバンドとして経験を積むことになる。早ければ12月または来年1月に“WINNER”という名前で正式デビューする。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 31日 18:17