[芸能] 帰ってきた“神話放送”、初回目的地は捨て犬保護所

11月3日日曜日から放送が始まるJTBC“神話放送-神話が見つけた小さい神話”の初収録の日、メンバーたちを含め撮影現場は大盛り上がりだった。

今年6月に最後の放送を終え、5ヵ月ぶりの収録にもかかわらず、神話は自然に撮影を進めていった。練習生時代から今まで17年間をともにしてきた神話のメンバー達ならではの息の合った歩調でスムーズに行われた。

21日に行われたオープニング収録で、神話のメンバーたちは制作陣が準備したサプライズ映像に満面の笑みを見せ、これ以降もオープニング撮影は終始笑いが絶えなかったという。

しかし、カメラが回る現場では「神話を初めて始めた時のようにドキドキするし、一からまたやり直す気分」と正直な気持ちを明かした。

新しくなって帰ってきた“神話放送”は、“神話がもう一度見つけた小さい神話”というテーマのもと、視聴者たちの情報提供により私達の周りの良い行いや心温まるエピソードを探して旅に出るというバラエティだ。

神話は、オープニングを愉快に終えた後、捨て犬保護所の“サンスの天使達”を訪問し、二人の院長を手伝い、真面目な姿で誠実に撮影に取り組んだという。

11月3日午後11時放送。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 10月 30日 16:54